BBQ情報

BBQ予定の日に雨予報の時の対策

ame

せっかくのBBQなのに雨かもしれない!

明日は待ちに待ったBBQ!でも天気予報を見ると雨になりそう…。

そんなとき、無計画にBBQを決行するのはやめましょう。雨が降ったとしても、しっかり準備をしておけばBBQを楽しむことができます。

雨予報のときにできる対策をご紹介いたします。

屋根付きのBBQスポットを探そう

行く予定のBBQスポットは屋根つきですか?事前に屋根のあるBBQスポットを選んでおけば、雨天の場合でも十分にBBQを楽しむことができます。

暑すぎて気分が悪くなるということもなく、雨天時以外にも屋根つきのBBQスポットは役立ちます。近くにこのようなスポットがないか探してみましょう。

屋根つきのBBQスポットだけでなく、最近はグランピングなど、おしゃれに快適な室内でBBQを楽しめるスポットも増えてきています。アイテムをレンタルできたり、食材をその場で購入できるスポットもあります。

雨の日の買い出しや後片付けが憂鬱だという場合は、予定を変更してこのような気軽にBBQを楽しめるスポットを選ぶこともおすすめです。

場所によっては屋根つきの場所をレンタルする料金が違ったり、繁忙期には埋まってしまっている可能性もありますので、天気予報次第で迅速に対応するようにしてください。

急な雨にも対応できるアイテムの用意

rain-2590618_1920-min

一日中雨、というわけではなく、一時的に雨が降るだけの場合もあります。

そのような場合には、一時的に雨をしのげるアイテムを持っておくと安心です。

レインコート、折りたたみ傘、タープなど、体や食材、コンロなどを守れるものを用意しておきましょう。

雨予報が出ていなくても、夏場や山の中でBBQをする場合は夕立やゲリラ豪雨に注意する必要があります。

BBQの用意の中には、これらのアイテムは必ず忍ばせておくといいでしょう。

また、急に雨に打たれても大丈夫なように、透けにくい服装で出かけることもエチケットです。さらに乾きやすい素材の服を選んだり、替えの服を用意しておくとさらに安心ですね。

雨に打たれると靴下が濡れて気持ち悪くなってしまうこともありますので、足元だけでも替えになるアイテムを用意しておくことをおすすめします。さっと拭けるタオルや、サンダルがあるとより快適に過ごすことができます。

タープがあれば雨天でもBBQが楽しめる

camp_tarp

タープはBBQの用意の中に必ず入れている方も多いでしょう。日よけになるだけでなく、雨避けとしても活躍してくれます。

タープがあれば、屋根つきのBBQスポットの予約が取れなかった場合でも野外でBBQを楽しむことができます。

タープにはいろいろな種類がありますが、雨の日の場合はタープの外に出られないのでできるだけ大きなものを選び、さらに周囲をビニールで囲ってくれるようなものがおすすめです。

頑丈なタープは設置も難しく重量もありますが、その分雨風に強く、雨だけでなく風も気になるというようなときには活躍してくれます。

タープとは別にテントも用意して、使っていないアイテムや食材を収納するようにすると場所を有効活用することができます。

雨がひどい場合は代替案を考える

一日中雨の予報が出ている場合、屋根つきなスポットやタープでBBQを決行することは可能です。

しかし、場合によってはBBQスポットが閉鎖してしまったり、台風などでBBQが困難なケースもあります。

そのようなときは、代替案を考えましょう。

食材を用意しているのなら、参加者の中の誰かの自宅でパーティーを開いてみてはいかがでしょうか。

いつもとは違う雰囲気の中で食事を楽しむことができます。

アクティブに楽しみたいという場合は屋内スポーツを楽しめるスポットに出かけてみましょう。

室内フットサル、ボルダリング、ボーリングなど、体を動かせるスポットはたくさんあります。

BBQは雨天でも楽しめますが、くれぐれも豪雨や風には気をつけて、難しいようなら日を改めることも大切です。

もありますので、足元だけでも替えになるアイテムを用意しておくことをおすすめします。さっと拭けるタオルや、サンダルがあるとより快適に過ごすことができます。

まとめ

いかがでしたか?

雨の日も万全に備えてBBQを楽しみましょうね。