BBQ情報

BBQの火おこしのコツ

hi

火おこしがなかなかうまくいかない・・・

BBQで火おこしに手間取った経験がある方は多いですよね。

初心者にとってだけでなく、上級者でもアイテムや環境が違うと火おこしは難しいもの。

より効率的に、スムーズに火おこしをするために、火おこしのコツをご紹介いたします。

炭を煙突状に積み上げる

stockhiroDSCF5313-min

火おこしには様々なアイテムを使うことがありますが、そのどの方法にも共通するコツとして、炭を煙突状に積み上げる、というポイントがあります。

空気は暖かくなると上昇し、下の部分の空気を補うために下から新しい空気を取り込みます。この流れを上昇気流と呼びます。

煙突状に炭を積むことでできる炭の中の空洞に上昇気流が起きて、空気を効率的に送り込みやすくなります。火がよく通るようになり、スムーズに火を大きくすることができます。

どのような方法の場合でもこの知識は役に立ちますので、ぜひ覚えておくようにしてください。

着火剤を使うときは風を起こす

着火剤には、アルコールなどの燃えやすい成分が配合されています。新聞紙などで火を起こすよりもこのようなアイテムを使った方が効率的に火おこしができるため、初心者ならずとも持っておきたいアイテムですね。火おこしの時間を短縮して、すぐにBBQを楽しむことができますよ。

着火剤を使う際は、大きめの炭に直接塗りつけていきます。固形の着火剤を利用する場合は最初に着火剤を積み立てて、その上に炭を積んでいきます。

その後火をつけて、様子を見つつうちわなどで風を送ります。着火剤をつけても火が回りにくい場合はしばらく風を送るようにしましょう。

火の通りが悪いからと途中で着火剤を足すと飛散の恐れがあるので行わないようにしてください。

fire-51708_1920-min

バーナーなら初心者でも簡単!

バーナーで炭を炙って火をつける、力技とも言える方法です。火がつくまで炭を炙るので、まず火がつかないという心配はありません。少し時間がかかりますが、火おこしに失敗したくない方はこの方法がおすすめです。

炭を煙突状に積み上げて、その中央に向けてバーナーの炎を向けます。火が起きにくい場合は風を起こして炭が燃えやすいようにしていきましょう。

炭の中央部分が燃え始めたらうちわで扇ぐのをやめて、また別の炭にバーナーをあてて風を送り…という手順を何度か繰り返します。

火が全体に行き渡ったら火おこしは完了です。

時間と手間こそかかりますが、地道に続けることで効率的に火おこしができますよ。

火おこし器には炭を入れすぎない

stockhiroDSCF5314-min

火おこし器はホームセンターなどでも気軽に購入できる便利なアイテムです。

最初に着火剤に火をつけて、次に炭の入った火おこし器を被せて待つだけで火がついてくれるというアイテム。

火おこし器自体が煙突状になっているので、適当に炭を入れるだけでも勝手に上昇気流が生まれやすい状態にしてくれます。

火おこし経験の少ない方がBBQをする際には、この火おこし器があればかなり作業が楽になりますよ。

火おこし器を使うときのコツとしては、火おこし器の中に炭を入れすぎないこと。

炭をぎゅうぎゅうに入れてしまうと上昇気流が生まれにくくなり、かえって火おこしに時間がかかってしまいます。

適度に空間をあけて、空気を送り込みやすいようにしておきましょう。

BBQでスムーズに火おこし!

BBQで効率的に火おこしを行うコツをご紹介いたしました。

BBQにおいて火おこしは面倒なポイントの一つですが、火おこしのコツさえ把握しておけば問題なくスムーズに着火できます。

火おこしの方法は原始的なものも定番ですが、最近は着火剤や火おこし器など便利なアイテムも多数登場しています。

火おこしに不安がある方はこのようなアイテムも利用してみましょう。それぞれの使い方をきちんと把握して、スムーズに火おこしができるようにしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?BBQの定番食材は下準備とちょっとしたコツだけで何倍も美味しく焼くことができます。ぜひ実践して、お肉や魚介、野菜本来の美味しさを堪能してくださいね。