BBQ情報

アメリカンBBQのやり方

america

アメリカンBBQに挑戦してみませんか?

私たちは、BBQのとき日本スタイルで肉や野菜を食べています。

ですが、アメリカンBBQは、それとは違って、かなり本格的というか、BBQにたいする本気度が違うのです。

日本のBBQとアメリカンBBQはどこがどう違うのでしょう?

 

日本スタイルとアメリカンスタイルのBBQの違い

tent-1208201_1920-min

日本でBBQというと河原やBBQの場所を借りて、あるいはキャンプ場で行うのがほとんどですが、アメリカンスタイルは、自宅の庭先で行うのがメインですから、その段階から全く違っています。

焼き方

burgers-1839090_1920-min

日本は、高温で薄い肉を焼きますが、アメリカンスタイルでは、じっくり時間をかけて内部へ火を通すので直火から遠ざけて肉を置きますし、肉は薄くなく、大きな肉を焼くので、ゆっくり焼けた肉を切り、皆に取り分けるといった食べ方なのです。

これは、肉という大きな塊を美味しく衛生的に焼くための方法で、日本のように食べながら会話するというよりも、すっかり肉が焼けて各自のお皿に盛られた状態から食事がスタート!なのです。

ですから、その段階で野菜も焼けていて皿に盛られているのです。

 

アメリカンBBQの調理方法

conservation-1728212_1920-min

仕込み

事前の仕込みが違います。

前もってマリネをしておいたり、スパイスをすり込んでおくことで味がジューシーなものになります。

炭火である場合もありますが、アメリカは戸建てであれば、ほとんどの家庭にバーベキューグリルが庭においてあり、それを用いて蓋をしてじっくり焼き上げます。

そして日本のように台所でハンバーガー用の肉を焼いたりソーセージを焼いたりはせず、ほとんどの場合、このバーベキューグリルを用いて焼いています。

「肉を焼く」というのは、この庭先にあるグリルであって、「肉を焼く」ということはご主人の仕事、というのが通常のパターンになっています。

肉の種類

celebration-315079_1280-min

様々な種類の肉を用いますが、牛肉メイン、豚肉メイン、あるいはラム肉やターキーなど地域によって違いもあります。

地域性はあるものの、牛、豚の固いかたまり肉の部分を利用するのが基本です。( 牛は前半身の部分やリブ/肋骨、豚はスペアリブ、またロインという胴体の中心部の肉などが多く用いられます。)

チキン、ラム、七面鳥も出てきますし、ソーセージなどの一般的なものを含めて様々な種類や部位がBBQにおいて好まれています。

 

焼き方とスパイス

スモークやローストなど、ソースやスパイスも数種類用いて使い分けます。

ビネガー、トマト、砂糖をミックスしたもの、マスタードソース、トマトソース、

また、刷り込むスパイスはあったりなかったりと、地域性があるようです。

味付け

味付けに関しては、それぞれの家庭で全く違っていて、レシピの数は限りなくあります。

ですから、形式にこだわらずその家庭での好きな味わい方をしているのでしょう。

ですが、大きく分けた場合は、2種類あって、ウェット(Wet)とドライ・ラブ(Dry Rub)です。

■ウェット(Wet)

トマト、ビネガーに砂糖を加えたソースで、事前にマリネにしたり、肉を焼きながら、あるいは焼いた後に、このソースを塗って食べます。

■ドライ・ラブ(Dry Rub)

塩、コショウ、ハーブなどを事前に刷り込んでおく方法ですが、焼けた後にウェット(Wet)にして食べるなども人気です。

本格的なスモーキング

薫製用の木片として桜、ヒッコリーなどをグリルへ入れて低温で長時間にわたって肉をスモークします。

肉に独特の風味が付く方法です。

日本、アメリカで好まれているそれぞれの食べ方

日本は、どちらかというとドライ・ラブが多いのではないでしょうか?

また、野菜や魚介類も一緒に焼きながらワイワイ会話しながら焼けたら食べるというパターンで、焼きそばを最後に終わりにするのが人気のようです。

 

アメリカは、よくホームパーテイが行われるので、そんなときBBQは、頻繁に登場します。

ホスト役のお父さんが肉を焼く担当になるのが一般的で、準備には時間をかけて燻製にしてみたり、味付けの工夫をしたりと、腕の見せ所のようです。

ステーキやスペアリブなど登場しますが、ゆっくり時間をかけた調理方法で、またさらに時間をかけてゆっくり食事を楽しむ方法がとられています。

 

焼きリンゴや焼きマシュマロをラストにデザートで、というのはどちらも変わらずですが、アメリカンBBQでは定番のように出てきます。

ハンバーガー用のパンを用意しておきBBQした肉を挟んで食べるのはとても美味しいので、ぜひやってみてくださいね。

まとめ

日本のBBQとアメリカンBBQは、違いこそあれ、美味しくいただくためのレシピの工夫があります。

使う食材、部位、調理法など地域性もあり様々ですが、もっとアメリカンBBQの方法を知って取り入れることで、より楽しいBBQにしてみるのもいいかもしれませんね♪