BBQ情報

学生同士のBBQでのマナー

gaku

学生同士だからと言ってマナーを守らないのは厳禁

新入生歓迎会やコンパなど、学生になるとBBQをする機会が多くなります。

そんなとき、慣れていないからといって知らず知らずの内にマナー違反をしないように注意しましょう。

とくに学生の人間関係は最初の印象が肝心です。

あとから注意されたり、飲み会やBBQに誘われなくなってしまう前に、BBQでのマナーを事前に把握しておきましょう。

集合場所には遅刻をしない!

IRIS16011928-2-min

BBQは多くの場合学校の近くで行われたり、車に乗ってBBQ会場まで行ったりして行われます。

その際に幹事を務めるのは先輩の仕事です。

集合場所に遅刻すると幹事の先輩が困ることになりますし、車やバスで移動する際は全員に迷惑がかかります。

買い出しや荷物運びなど、後輩にも仕事はたくさんありますので、きちんと集合場所には時間より前に到着しておくようにしましょう。

駅前のロータリーなどで集合する場合は、他の通行人の迷惑にならないよう固まっておくことも大切です。

先輩が食べ始めてから食事をする

cuisine-2248567_1920-min

これは学生としてではなく、社会人としても覚えておきたいマナーです。

先輩が箸をつける前に食事をするのはNGです。自分が焼いた肉や食材であっても、先に一人で食べてしまうということのないようにしましょう。

食事に手をつけていない先輩がいたら、先に「いかがですか?」とすすめるとよりいい印象を持ってもらうことができます。

飲み物の不足はないか確認する

tea-556777_1920-min

飲み会では先輩のグラスが空いていたらすかさずに飲み物の注文を聞いたり、お酒を注ぐのは後輩としてのマナーとして有名ですね。

しかしBBQでは、お酒がメインではないのでそこまで気にする必要はありません。

とくに立食タイプのBBQなら、お酒を常に飲んでいるという人は少ないでしょう。

ですが、テーブルに置かれている缶が空だったり、お酒がなかったりしたら、先輩に「何か持ってきましょうか?」と声をかけるとより好印象です。

お酒の指定がある場合はその通りに、また酔っている人を見つけたらお水を渡してあげるなどの配慮も忘れないようにしましょう。

テーブルや近くに散らばった空き缶は見つけ次第まとめて、分別してゴミ袋に入れておくと片付けも楽になります。

お酒やタバコには十分配慮する

non-smoking-2383236_1920-min

学生同士でのBBQの場合、とくに新入生歓迎会などでは、未成年の参加者も多いです。

未成年にお酒をすすめることは当然ですがNG。先輩にすすめられても、やんわり断るようにしましょう。

成人済みであっても先輩からの一気飲みの強要には付き合わない、嫌がっている人に無理に飲ませないなどの配慮が必要です。

参加者が多ければそれだけ色々な人がいますが、あなたが喫煙者の場合は非喫煙者の気持ちも考えましょう。

野外だからといってどこでもタバコを吸っていいわけではありません。

料理の邪魔にならないよう、また匂いが風で参加者の方に流れないよう、指定された場所で喫煙をするようにしてください。

先輩に喫煙者がいない場合は許可を取るか、少し我慢することも大切です。

もちろん吸殻は携帯灰皿に入れて、帰ってから処分してください。

きちんと片付けをしてから帰る

飲み会で勝手に先に帰るのはNG行為です。

BBQでももちろん、用事があっても勝手に帰らないようにしましょう。

居酒屋での飲み会と違って、BBQは後片付けも残っています。

後片付けを先輩や同期に任せっきりにしていては、非常に印象が悪いです。

後片付けには率先して参加するようにしましょう。BBQの最中からゴミの分別などを始めておくとスムーズに片付けを行うことができます。

ゴミ捨て、グリルなどの洗い物、荷物運びなども積極的に手伝ってください。

どうしても用事があって帰らなければならない場合、その旨をきちんと先輩、同期に伝えて、自分の範囲の片付けだけでもきちんとしてから帰るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?学生同士のBBQとなるとふざけてしまったり普段より羽目を外してしまったりするかもしれません。ですが、親しき中にも礼儀ありです。

きちんとマナーを守って参加した誰もが気持ちよく終えられるようなBBQを企画しましょうね。