BBQ食材

BBQで簡単!燻製レシピ

kunsei

BBQだからこそ燻製に挑戦しよう

バーベキューで挑戦してみたいことの一つと言えば燻製。今回は、ご家庭では手が出しにくい燻製をバーベキューで簡単に楽しむことができるオススメレシピをご紹介したいと思います。

燻製の基本を知ろう

traditional-meat-3619117_1920-min

『燻製』とは食材を燻煙することで保存性を高めた食べ物のこと。近年は燻製ブームの影響もあり、ホームセンターでも燻製を作るためのさまざまなグッズが販売されていますよね。

さて、そんな燻製には3つのやり方があることをご存知でしょうか。20度前後の低温で長時間燻す『冷燻』、30〜80度で燻す『温燻』、80度以上の高温で短時間燻す『熱燻』。スモークサーモンなどに適している冷燻は、温度も低くBBQには向いていませんが、温燻や熱燻はBBQでも簡単に行うことができます。ここでは基本的な温燻のやり方についてご紹介します。

温燻で用意するものは燻製器、バーナー、スモークウッドの3つ。温燻は食材によって温度が変わるので、温度計のついた燻製器を選ぶのがオススメです。バーナーはカセットコンロでも代用可能です。

 

〜温燻のやり方〜

  1. 食材を燻製器にセットします。
  2. バーナーでスモークウッドに火をつけて炎が上がったら吹き消して煙だけが上がっている状態にしておきます。
  3. 燻製器の中に2のスモークウッドを入れて密閉し、食材を燻煙します。
  4. 食材の色が変われば完成です。

定番!豚バラベーコンの燻製

燻製で試してみたい食材No1と言えばベーコン。今回は手間暇かけた豚バラ肉を使った自家製ベーコンのレシピをご紹介します。下準備に時間をかける分、市販のベーコンとは比べ物にならないほど肉厚でジューシーなベーコンが完成しますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ham-2431054_1920-min

材料(4人分)

・豚バラブロック肉 800g

・ローリエ 1枚

・塩 20g

・粒状黒コショウ 10g

作り方

  1. ローリエを細かく刻んでおきます。
  2. 豚バラ肉にフォークで穴を開け、塩、ローリエ、粒状黒コショウをまんべんなくすり込んでいきます。
  3. ラップで包みさらにジップロックに入れ、冷蔵庫で3日間寝かせます。
  4. 冷蔵庫から取り出したら大きめのボウルに移し、流水で3時間塩抜きをします。
  5. ペーパーで水気を拭き取り、網の上に乗せて冷蔵庫で一晩乾燥させます。
  6. 当日、豚バラ肉を燻製器に吊るして、40〜50度で1時間乾燥させます。
  7. スモークウッドに火をつけたら70度で1時間30分温燻を行ったら完成です。

とろとろ半熟卵の燻製

味付きの半熟卵がたまらない燻製レシピです。BBQの前日から漬け込んでおくことでしっかりと味が染み込んだ燻製卵が味わえます。卵の黄身は70度を超えると固まってきてしまいますので、温燻の際の温度は70度以下で行うのがポイントです。天気が良く気温が高い日であれば燻煙時間は1時間程度で十分ですので、様子をみながら行ってくださいね。

kunsei_egg

材料(5人分)

・卵 5個

・酒 100cc

・しょうゆ 40cc

・みりん 70cc

作り方

  1. 卵以外の調味料をすべて鍋に入れ、沸騰させて2分ほど煮詰めたら火からおろして冷ましておきます。
  2. 鍋に卵を入れ、卵が浸るくらいの水を入れ沸騰させます。
  3. 沸騰したら中火で4分茹で、すぐに水で冷やし、皮をむいておきます。
  4. 冷ましておいた漬け汁と卵をジップロックに入れて一晩冷蔵庫で漬け込みます。
  5. 翌日、卵を取り出し水気をしっかり切って乾燥させ、温燻で1〜2時間燻煙したら完成です。

まとめ

いかがでしたか?燻製は下準備に少し時間がかかるものの、当日は燻製器でじっくり燻煙するだけなのでとっても簡単です。いつものBBQをグレードアップさせてくれる燻製レシピ、ぜひ試してみてくださいね。