BBQ食材

BBQにおすすめのフルーツ

osusume

立食スタイルのBBQを楽しもう

BBQの食材と言えばお肉や野菜ですが、デザートとして、お口直しとして、フルーツを持参すると喜ばれます。

BBQにはどんなフルーツが合うのか見てみましょう。おすすめの食べ方や調理方法についてもご紹介いたします。BBQにフルーツを持って行って、よりおしゃれで美味しいBBQを楽しみましょう。

簡単で便利!フルーツの缶詰

apricot-871011_1920-min

フルーツの缶詰は、持ち運びの際に慎重になる必要もなくレパートリーも豊富で、さらに傷みにくいためBBQのフルーツとしては非常におすすめです。

みかん、桃、パイナップル、チェリーなど、複数のフルーツの缶詰があれば彩りも美しく、見た目にも楽しめます。

フルーツの缶詰をそのまま食べても美味しいですが、お皿に盛り付けてサイダーをかければ簡単にフルーツポンチの完成です。サイダーの代わりにシャンパン、チューハイなどのお酒をかけるとより大人のデザートとして楽しむことも可能です。ワインを入れてサングリア風にしたり、お酒だけでも様々な味わいを楽しめます。

フルーツの缶詰は常温で食べても美味しいですが、クーラーボックスで冷やしておくと食べるときにさっぱりとして、より美味しく食べることができますよ。

そのままでも焼いても楽しめるバナナ

bananas-652497_1920-min

どの季節でも簡単に入手することができるフルーツとしてバナナがあります。いつでも安価でたくさん購入することができるので、BBQのフルーツ選びに迷ったらぜひバナナを選んでみてください。

バナナも常温で持ち運ぶことができます。しかし柔らかく傷つきやすいので、持ち運びの際は他の食材とは分けるなどの配慮は必要です。

バナナはそのまま食べてももちろん美味しく、お子様のおやつ代わりにもなります。

よりBBQらしさを楽しみたいならぜひ焼きバナナを作ってみてください。焼きバナナのつくり方は簡単です。バナナを皮ごと網の上に乗せ、皮表面が黒くなるまで待ちます。

皮をむけば、温かくてトロトロのバナナになります。

そのまま食べてもバナナ本来の甘さを楽しむことができますが、チョコレートソース、はちみつなどをかければよりスイーツ感が出ます。トーストの上に乗せたり、温かいミルクに入れてバナナミルクにしたりとレシピも豊富。いろいろな楽しみ方を研究してみましょう。

調理が簡単なリンゴ

red-3580560_1920-min

リンゴはBBQの定番フルーツです。もちろんそのまま食べることもできますが、BBQでリンゴを楽しむなら焼きリンゴがおすすめです。

焼きリンゴは、リンゴを適当な大きさにカットする、またはそのままの状態でアルミホイルに包んで網の上に乗せるだけでOK。30分ほどじっくり焼き続けましょう。串がすっと入るくらいに柔らかくなれば完成です。

アップルパイの中身のようなトロトロで甘いリンゴを楽しめます。

シナモンシュガーやはちみつなどをかければ、よりBBQスイーツとして味わいを深めることができますよ。

冷凍のパイシートも一緒に焼いて、焼きリンゴを上に乗せれば簡単にアップルパイ風のスイーツが完成します。

焼きリンゴは他のフルーツと比較して焼くのに時間がかかりますので、事前にしっかり準備をして、デザートの時間に間に合うようにしてくださいね。

パイシートがあれば、リンゴ以外にもバナナ、パイナップル、レモン、さつまいもなといろいろな焼きフルーツを乗せることができます。本格的なスイーツをBBQでも楽しみたい!という方はぜひパイシートも購入してみてください。

BBQでフルーツを楽しもう

BBQに持っていくとより楽しめるフルーツをご紹介いたしました。

いつもはそのまま食べているフルーツもBBQの網の上で焼くとまた違った味わいを楽しむことができます。

食後のデザートにもこのようなフルーツがあると、よりBBQも盛り上がりそうですね。

自分なりのレシピやお気に入りのフルーツを持参してみましょう。