BBQ食材

しめじを使ったBBQレシピ

shimeji

何かと使い勝手のいいしめじをBBQでもうまく使おう

手頃で使い勝手がよくクセのないしめじはバーベキューでもよく使われる食材のひとつ。今回は、そんなしめじを使ったバーベキューでのオススメレシピをご紹介したいと思います。

しめじの栄養素について知ろう

shimejicatchimage-768x481

私たちが日頃食べているしめじは『ぶなしめじ』と呼ばれるもので、シメジ科のソロタモギタケ属のきのこです。日本では北海道から九州まで広く生息していて、ぶなの木の枯れ木などに自生しています。しめじには普段の食生活で不足しがちなビタミンB群、ビタミンC、ビタミンD、ナイアシン、カリウム、鉄分、食物繊維などの栄養素が含まれていて、100gあたり18kcalとカロリーも低いので、特に女性は積極的に食べたい食材のひとつかもしれません。しめじは、さまざまな料理に使えて火も通りやすいのでBBQでも大活躍する食材です。

しめじと舞茸のホイル焼き

しめじと舞茸をアルミホイルで包み焼きにした簡単レシピ。プルっとしたしめじの食感とコリコリとした舞茸の食感の両方を楽しめる一品です。香りが高い舞茸は、大きめに割いてしっかりと食感を残すのがポイント。きのことオリーブオイルは相性が良く、口に運んだときにふわっと香りが広がります。食べる直前にレモンを絞ることで爽やかな風味がプラスされるので、BBQのお口直しやおつまみにもぴったりですよ。

yun_12903-min

材料(4人分)

・しめじ 2パック

・舞茸 2パック

・レモン 1/4個

・オリーブオイル 大さじ3

・塩 適量

・粗挽き黒コショウ 適量

・アルミホイル 適量

作り方

  1. しめじは株を半分に割り、石突きを切り落とします。石突きは茶色い線のような部分を目安に切り落とし、軸はくっついている状態がベストです。
  2. くっついているしめじを手でほぐします。舞茸も株を半分に割り、内側から大きめに割いておきます。
  3. アルミホイルの上に割いたしめじと舞茸を乗せてオリーブオイルを回しかけます。
  4. 塩と黒コショウを振りアルミホイルを包んだら網の上に乗せて弱火〜中火で5〜7分焼きます。
  5. アルミホイルを開けてきのこに火が通ったら完成です。レモンを絞ってお召し上がりください。

鶏としめじの炊き込みご飯

しめじとジューシーな鶏もも肉の旨味たっぷり!BBQでは定番のダッチオーブンを使ったシンプルな炊き込みご飯です。具材を切って調味料と合わせてダッチオーブンに入れるだけで、あとは待つだけ。失敗知らずの簡単レシピです。炊きたてはしめじの香りがふわっと広がり食欲をそそること間違いなし。やさしい味の炊き込みご飯はBBQのシメにもオススメですよ。

20140929_y1-min

材料(4〜5人分)

・鶏もも肉 100g

・しめじ 1パック

・米 2合

・だし汁 320cc

・酒 大さじ2

・めんつゆ 大さじ2

・しょうゆ 大さじ1

・刻み海苔 少々

作り方

  1. しめじは株を半分に割り、石突きを切り落とし、鶏肉は1cm角に切っておきます。
  2. 米を研いでダッチオーブンに投入し、だし汁を入れたら30分ほど吸水させます。
  3. 酒、めんつゆ、しょうゆを加えて混ぜ合わせ、その上にしめじと鶏肉を入れて蓋をします。
  4. 網の上に置き強火で加熱し、吹きこぼれてきたら弱火に切り替えて30分ほど炊きます。弱火で炊いている間も、ダッチオーブンから時々吹き出しますが、この吹き出しがほとんどなくなったら炊きあがりの合図です。
  5. 5〜10分ほど蒸らしたらご飯と具材を混ぜ合わせ、刻み海苔を振って完成です。

まとめ

いかがでしたか?ついつい脇役食材になりがちなしめじですが、いつもとは少し違った調理法でBBQの主役にランクアップさせてみてくださいね。