BBQ食材

ハマグリを使った王道BBQレシピ

hamaguri

ハマグリがBBQでも活躍しているって知ってた?

バーベキューではお肉だけでなく海鮮も楽しみたいという人も多いですよね。そこで今回は、バーベキューでの調理が簡単なハマグリを使ったレシピをご紹介したいと思います。

ハマグリってどんな貝?

丸みのある三角形の殻を持つハマグリは、マルスダレガイ科に属する二枚貝の一種です。ハマグリは浜辺に生息しており、その形が栗の実に似ていることから「浜栗」と呼ばれるようになったと言われています。日本では縄文時代から食べられていたとも言われているハマグリ。栗の実と同じくらい重要な食料であったハマグリを当時の人が海の栗に例えたのかもしれませんね。ハマグリの種類は「ハマグリ」、「チョウセンハマグリ」、「シナハマグリ」の3種類があります。ハマグリやチョウセンハマグリは高級品というイメージを持っている方も多いかもしれませんが、せっかくのBBQでは少し奮発して大きなハマグリを楽しむのも良いかもしれませんよ。

定番!ハマグリの炭火焼き

ハマグリの身と汁がグツグツしている様子が目にも美味しい炭火焼。網で焼くだけの簡単レシピと言いたいところですが、ハマグリの炭火焼はシンプルだからこそ下準備が重要ですので、焼く前にはハマグリを水でよく洗い、しっかりと砂抜きしておきましょう。砂抜きの方法はハマグリ15個程度に対して、ボウルに水500mlと塩大さじ1を入れて混ぜ、ハマグリを入れたら新聞紙で蓋をして涼しい場所で1〜2時間置きましょう。ちなみに、スーパーで売られているハマグリには砂抜き済みのものもありますが、砂抜きが十分でない場合もありますので、念のため砂抜きをしておくことをオススメします。

yun_12495-min

材料(4人分)

・ハマグリ 16個

・しょうゆ お好みで

作り方

  1. ハマグリの蝶番をキッチンバサミでカットしておきます。

※蝶番はハマグリのお尻の方についている黒い小さなでっぱりです。これを取ることでハマグリが開いたときに汁がこぼれてしまうのを防ぎます。

  1. 砂抜きしたハマグリを網の上に並べます。
  2. ハマグリの口が少し開いたらハマグリの汁を捨てます。このとき、ハマグリの上下をひっくり返さないように注意しましょう。
  3. さらにハマグリの口が開いてきたらナイフで貝柱を外し、お好みの固さまで焼いたら完成です。そのままの塩味はもちろん、お好みでしょうゆを垂らして食べてくださいね。

ぷりぷりハマグリのワイン蒸し

王道の炭火焼に続き、ハマグリそのものの味を楽しめるのが酒蒸し。今回は白ワインとニンニクを使ってちょっぴり洋風にアレンジしてみました。身が大きくてぷりぷりのハマグリを選べば、凝縮された旨味が存分に楽しめる一品です。先にハマグリを焼いてからアルミホイルに移すことで旨味を逃さず食べることができますよ。

hard-clams

材料(4人分)

・ハマグリ 16個

・ニンニク 2片

・赤唐辛子 1本

・オリーブオイル 大さじ3

・白ワイン 1/4カップ

・塩 適量

・粗びき黒コショウ 少々

・アルミホイル 適量

作り方

  1. 砂抜きしたハマグリの水気をよく切っておきます。アルミホイルはハマグリが全部入る大きさにカットしておきます。
  2. ニンニクは薄切りにし、赤唐辛子はヘタとタネを取り除いておきます。
  3. 鉄板の上にオリーブオイルをしき、ニンニクと赤唐辛子を炒めます。
  4. 香りが立ってきたらハマグリを入れ、さっと炒め合わせ、用意したアルミホイルに移します。
  5. 白ワインを加え、さらにアルミホイルで蓋をしたら様子を見ながら蒸し焼きにします。
  6. ハマグリの口が開いたら塩と黒コショウで味付けをして完成です。

まとめ

いかがでしたか?下準備をきちんと行えばハマグリそのものの凝縮された味わいが楽しめるハマグリレシピ、ぜひチャレンジしてみてくださいね