BBQ食材

BBQの定番!ソーセージを使ったオススメレシピ

bou

ソーセージはBBQでも大活躍間違いなし

バーベキューで欠かせない食材ソーセージ。焼くのも簡単で食べやすく、子どもから大人まで人気の食材ですよね。今回は、ソーセージを使ったバーベキューでのアレンジレシピをご紹介したいと思います。

ソーセージとウィンナーの違いって?

ソーセージとは豚や牛の腸に味をつけた豚肉や鶏肉のひき肉を詰めたものですが、ウィンナーとは何が違うのでしょうか。結論から言うと、ソーセージとウィンナーは同じものです。というのも、ウィンナーの正式名称は「ウィンナーソーセージ」と言い、ソーセージの一種なのです。ウィンナーソーセージは、肉を詰めるケーシングに羊の腸を使用しており、太さが20mm未満のものを指します。肉を詰めるケーシングによって種類が分けられており、豚の腸を使用したものは「フランクフルトソーセージ」、牛の腸を使用したものは「ボロニアソーセージ」と呼ばれています。

BBQホットドッグ

ソーセージを使った料理の中でも人気のホットドッグ。アメリカでソーセージを販売していたドイツ人がパンに挟んで売ったのが始まりとされており、その見た目がダックスフンドに似ていることから「ダックスフンド・ソーセージ」と呼ばれていたこともあったのだとか。今回ご紹介するホットドッグは、BBQで使うお野菜をホットドッグに使う簡単レシピ。大きめのソーセージを使えばボリュームも満点で食べ応えのある一品になりますよ。

yun_11651-min

材料(6人分)

・ホットドッグ用パン 6個

・ロングソーセージ 6個

・キャベツ 3枚

・かぼちゃ 1/8個

・玉ねぎ 1/4個

・とろけるチーズ 好きなだけ

・ケチャップ 適量

・マスタード 適量

・アルミホイル 適量

作り方

  1. パンに切り込みを入れ、キャベツは食べやすい大きさにちぎり、かぼちゃと玉ねぎは薄切りにしておきます。
  2. ソーセージと野菜を網の上で焼き、半分くらい焼けたところでパンも網の上に乗せて軽く炙ります。
  3. パンを網から下ろし、ケチャップとマスタードを塗り、火が通ったソーセージと野菜をパンの中に詰め、上からチーズを乗せます。(パン1つにつきひとつかみが適量です)
  4. アルミホイルでパンを包み、網の下に置いて1〜2分焼いたら完成です。

※網の下は炭があり熱いので、火傷しないように火バサミ等を使用してください。

野菜たっぷりポトフ

ポトフはソーセージと野菜をコトコト煮込むフランスの家庭料理です。作り方は、切って鍋に入れて煮込むだけなのでとっても簡単です。今回はBBQレシピなので、炭火で焼いたソーセージを使うことで肉の旨味を引き出し、スープに溶け込ませるのがポイント。野菜は大きめにカットすることで煮込んだときに旨味がたっぷりと出ます。ジューシーなソーセージとクタクタの野菜がお口の中でとろけて、心と体にしみ込む一品です。

203

材料(3〜4人分)

・ソーセージ 6本

・キャベツ 1/2個

・玉ねぎ 1個

・人参 1本

・じゃがいも 2個

・水 2リットル

・固形コンソメ 2個

・塩 適量

・コショウ 少々

作り方

  1. キャベツは芯を残して大きめに切り、玉ねぎは4等分に切ります。じゃがいもと人参は皮を剥き4等分に切り、ソーセージは網で軽く焼いておきます。
  2. BBQ用の鍋にキャベツ、玉ねぎ、人参、じゃがいも、ソーセージの順に敷き詰め、水とコンソメを入れて網に乗せます。
  3. 沸騰したら網の端など火が弱いところに移動させ、20分〜30分ほどコトコトと煮込み、野菜がやわらかくなったら完成です。

まとめ

いかがでしたか?BBQの隠れた主役ソーセージ。ただ焼くだけではなく、BBQならではのアレンジを加えて楽しんでみてくださいね。