BBQアイテム

あったら便利!!BBQのお助けアイテム15選

バーベキュー

BBQは楽しいけど準備が面倒だったり、道具を用意するのが大変って感じてる方結構多いですよね。そこで今回は、そんなBBQの問題を救ってくれるあったら便利なお助けアイテムをご紹介します!

アルミホイル

アルミホイル

アルミホイルは調理だけにとどまらず幅広く活躍してくれる優秀な便利アイテムです活用例は以下の通り!

  • pointBBQコンロや食器の汚れ防止
  • 野菜の皮むき
  • BBQコンロの掃除
  • 煮込み料理のアク取り
  • 食材の保存
  • フライパンの代用
  • 飯ごうの代用
  • 刃物の研ぎ石効果
  • 防寒対策
    いかがですか?アルミホイル1つでこんなにも幅広い用途があるんです!
    別コラムでアルミホイルの詳しい使い方をご紹介しています。下記リンクから是非チェックしてみて下さい!!
    リンク:【BBQでも大活躍!便利なアルミホイル活用術】

調理用トング

トング

pointBBQをする時にトングをきちんと用意する方って意外と少ないのではないでしょうか。ですが、お肉を焼く時も取り分ける時も、割り箸より断然トングの方が安全で使い勝手がいいんですよ。さらには衛生面を考えてもお肉用・野菜用とトングを使い分ける事で食中毒のリスク軽減にもつながるので、ぜひ皆さん調理用トングを使って下さい。100円ショップでも手軽に購入できますし、洗って何回も使えるため使い捨ての割り箸よりもとっても経済的ですよ。

調理バサミ

調理バサミ

point野菜を切ったりお肉を切ったり包丁よりも安全に行えるため、お子様にお手伝いしてもらうのもいいですね。また、焼肉屋さんによくある骨付きカルビなど直接焼いたお肉を切ったりするメニューには欠かせない調理道具なので、調理バサミがあるとメニューの幅も広がります。さらには普通のハサミと違い栓抜きにも使えるので、栓抜きを持っていく手間も省けますね。

新聞紙

新聞紙

新聞紙も様々な用途があるとっても優秀な便利アイテムです。こちらも下記の通り一覧でご紹介します。

  • point断熱効果に優れているため、仮にクーラーボックスに入りきらないお肉やドリンクがあれば新聞紙で包みましょう!
  • 油の吸収が良く、油もの料理の後処理が断然ラクになります。人気のアヒージョも気軽にできますね。
  • 新聞紙には消臭効果もあるため、BBQで出た生ごみも新聞紙に包めば、水分も漏れず臭いも抑えられます。
  • BBQで焼き芋を作る時も新聞紙を使って下さい。芋をアルミで包む前に濡らした新聞紙で包むだけでホクホクに。
  • 靴が濡れてしまった時に靴の中に詰め込めば吸水性抜群の新聞紙が素早く乾かしてくれます。
  • アルミ同様研ぎ石効果も!硬く巻いた新聞紙にクレンザーを付けて包丁をこするだけで切れ味が復活します。
  • 細長く絞った新聞紙は着火剤の代用品としても使えます。ただしこれは緊急時以外はやめましょう。理由は新聞紙で火を起こすと煙が大量に発生する上に、紙なので燃えカスが舞い上がります。また匂いも独特のインクと油の匂いが出るため、人の多い場所では周囲に迷惑をかけてしまうので、あくまでも人気の少ない場所やどうしても着火剤が手に入らない場合のみの緊急対応として考えておいてください。

トイレットペーパー

トイレットペーパー

pointBBQ場やキャンプ場のトイレでも絶対にトイレットペーパーが付いているとは限りません。トイレはあるけれどトイレットペーパーは有料で売っていたり、そもそもついていないなんてところは実際に沢山あります。急な便意が来ていざトイレに入ったら紙がない……なんて事にならないためにもトイレットペーパー1ロールは必ず持っていくことをオススメします。荷物がかさばるようなら芯を抜いて潰せばコンパクトになりますよ。

針金ハンガー

ハンガー

pointハンガーなんてBBQに必要ないじゃん!なんて思う方も多いかと思いますが、備えあれば憂いなし!ハンガーはハンガーでも針金ハンガーは自由自在に形状を変えられるので様々なものをかけたり置いたりできる便利アイテムなんです。まずは普通にハンガーとしてタープの柱などに引っ掛けてそこにタオルをかけたり、夜にはそこにランタン等の照明器具もかける事ができます。さらに針金を変形させてゴミ袋を引っ掛ければ簡易ゴミ箱にもなります。その他にはハンガーの真ん中を切ってキッチンペーパーホルダーなんかにもできちゃいます。どうですか?あったらあったで針金ハンガーはとっても重宝するんです!

ガムテープ

ガムテープ

pointあ~テープあったらな~、なんて場面結構ありませんか?笑
実際テープの代用として粘着させることのできるものって無いので結構必需品ですよね。特にガムテープはセロハンテープよりも用途が広く使い勝手もいいので本当に便利です。テーブルにゴミ袋を貼り付けたり、タープテントを複数建てる時は隣同士の柱をガムテープで巻けばタープのぐらつきを抑えられます。いらないダンボールをまとめたり、開けて残ってしまった炭の箱の口を閉じたりと準備・後片付けで大活躍間違いなしです。

ダンボール

ダンボール

pointBBQの時にスーパーで買った物をダンボールに詰めて荷物を持ってくる事が多いと思いまが、そのダンボール捨てないでください!余った食材の入れ物にしたり、沢山あればゴミ箱をとしてゴミを分別して入れておくこともできます。そしてダンボールも新聞紙同様に着火剤の代用品になるので、小さく切って最後の手段として捨てずにとっておきましょう。
場所が原っぱ等の場合はダンボールを切って、尻滑りなんて昭和感満載な遊びもできちゃいますよ♪

アーミーナイフ

アーミーナイフ

point付いている機能の数によって七徳ナイフや十徳ナイフなどと呼ばれるアーミーナイフですが、はい見るからに便利そうですね。ナイフ以外にドライバー・やすり・ハサミ・栓抜き・缶切り・コルク抜き・六角レンチ・のこぎり・ピンセット・キーリングなどなど、これ一つ持っていれば大体のピンチは切り抜けられそうですね!笑

ジッパー付き保存袋

ジップロック

pointジップロックといった方がわかりやすいでしょうか。このジップロック、食材を保存するだけだと思ったら大間違いです。アウトドアシーンでも大活躍する超便利アイテムなんです。食材保存はもちろんの事、例えば夏の暑いBBQやキャンプに着替えを持っていく時はこのジップロックに収納すれば、かさばらずにまとめられます。
その他には、急に雨が降ってきた時などにスマホを入れておけば濡らさずジップロックの上から操作ができちゃいます。更にもしキャンプなどでスマホが水没してしまった場合の応急処置として、ジップロックにスマホと乾燥剤を入れておくと、例えば液晶がおかしくなったとかスピーカーがおかしくなった程度であれば直っちゃいますよ!

バーナー

バーナー

point女子だけのBBQだったり、BBQ初心者で火おこしに自信がないという方はぜひバーナーを持参してください。着火剤いらずでしかも通常の倍以上のスピードで着火が可能の為、火おこしの時短にもなりとっても便利かつ楽チンです♪おまけにバーナーがあれば炙り料理や、プリンに砂糖をかけてからバーナーで軽く炙ればBBQでも簡単になんちゃってクレームブリュレができちゃいます♪

火消しつぼ

火消しつぼ

pointBBQにおいて火おこしも面倒ですが、最後の炭の後片付けも面倒ですよね?
火消しつぼがあれば安全かつ簡単に炭の処理ができます。炭捨て場のあるオートキャンプ場や有料BBQ場であればいいかもしれませんが、普通の河原や河川敷にはそんな設備は整っていません。燃え尽きるまで待つか水をかけて消化する以外ないですよね。まず水をかけて消化するのはあまりオススメできません。急激な温度変化でコンロが変形するなど劣化が早まりますし、舞い上がる水蒸気で火傷を負う危険性もあります。
火消しつぼを使用するもう一つのメリットとして、火消しつぼで消した炭は再利用できるため、頻繁にBBQをする人であれば炭の節約にも繋がるのでとても経済的です。

耐熱グローブ

耐熱グローブ

point非常に地味ですが、BBQでは手袋もきちんとした耐熱グローブを準備しましょう。軍手を使用している方がほとんどだと思いますが、やはり軍手では限界があります。耐熱グローブを使用する事で、火おこしや炭の後処理だけではなく、ダッチオーブンを使った料理や焚火をまで安全に行う事ができるといったメリットもあります。

ウォータータンク

ウォータータンク

point水場のない場所でのBBQや、あったとしてもすごく遠くにしか場所が取れなかった場合はこのタンクがあるだけで移動の手間が省けてとってもラクになります。調理の時に手が汚れてしまい、すぐに洗いたいなんて場合もとっても便利ですね。BBQ以外でも緊急時の防災用としても活用できるので、一つでも持っていると安心です。

キャリーワゴン

キャリーワゴン

pointBBQコンロやテーブルとイスにテントと、BBQは準備と片付けに時間がかかってしまいますし、何より男性陣にとっては結構な重労働です。ですがこのワゴン一つあるだけでその重労働が劇的に楽になるので、是非とも使ってほしいオススメアイテムです!ワゴンといっても色んなブランドから色んなタイプのものが出ていますが、どれも大体耐荷重は100㎏~150㎏程あるので、荷物の移動以外にも画像のように小さなお子様を乗せて移動すると、とってもかわいいですよね(^^♪

まとめ

いかがでしたか?
バーナーやワゴンなどアウトドア専門のアイテム以外に、新聞紙のような一見関係のない身近にあるものでも使い方次第でピンチを救ってくれるお助け便利アイテムになるんです。
皆さんもこのコラムを参考にして、より快適にBBQを楽しんでみて下さいね♫